Archives : 2月-2018

12 2月, 2018

同じように祝う戊戌戌年の表の、しかしまた別の違う姿。文字盤の方は、大騒ぎのエナメル技術を駆使したほか、もう一つの内にエナメルを書く技法があります。まずあらかじめ金属板に刻み出し溝、次に絵筆をつけて違う色のエナメル釉調和液、一画一画を燃やし、高温定色後で磨く磨き、そして繊細金属線を入れて、図案より立体[……]

Read more

Read More

12 2月, 2018

文字盤の上の秋田に添え濃い色の背景に株東方の雰囲気は事実上、この模様が運用日本伝統の蒔絵スキルは、漆芸の匠で描かれた。蒔絵は一種の漆芸古い絵、運用ウルシから採取した少量樹脂、数年間のステップになって丈夫な生漆後、もうの層の層の漆の作画、再封嵌極小さな顆粒、画面も深く立体、鋭く輝きでもない愛释手。花の[……]

Read more

Read More

12 2月, 2018

歳月を揃えた記憶の輪郭、年輪の影に遡って思う存分に広がって、以前の点滴、ティソ表は復型どおり腕時計再現経典、瀋殿で独守1部の心に殘った静美間。王子経典シリーズセンテニアルの腕時計に世間の人に分かち合った1段のロシアからスイス力までロクの辛い旅は、間違いなくブランドの最も代表の経典の再現。1916年、[……]

Read more

Read More

12 2月, 2018

ブランパンの中華カレンダー限定版「吉犬」の腕時計はそれぞれダイヤルじゅうに時位置の干支と並ぶ。、ゴールド?陀の上に刻まれた犬の図案。特別なのは、この枚はブランパンLe Brassus大雑表を手作り工房に心を引かれた腕時計を持つだけでなく干支元素に溶け込んで、より伝統的な中国暦で重要な元素のカウントダ[……]

Read more

Read More