何はサンドイッチですか?盛んな刺し縫いする海の時計の文字盤の二重式の構造

何はサンドイッチですか?盛んな刺し縫いする海の時計の文字盤の二重式の構造

24 12月, 2021

“サンドイッチ”の時計の文字盤(SandwichDial)、指すのは時計の文字盤の二重式の構造です。

私達は盛んな刺し縫いする海の初期のサンドイッチの時計の文字盤を例にします:時計の文字盤は3のから一部は構成して、最も上の一層の盤面は穴をあけて加工を通って、数字を彫刻しだして直ちに目盛りを表示して、最も次に一層は1つの金属の円盤で、2層の中間は夜光の物質を入れて、同時にまた1つの有機ガラスの円盤を放置してそれによってもっと良く保護して発光することができます上塗り。これでいわゆる“サンドイッチ”の時計の文字盤に誕生しました。

なぜ二重式の構造を採用するのか、最も重要な1時(点)は時計の文字盤が大量の夜光の物質を入れることができるロレックス時計コピーので、かつもっと良くそれらを集中的にいっしょにいることができて、それによって時計の文字盤に夜間に発生させた光芒は更に明るくてしかも長い間続きます。

サーモンの時計の文字盤とと同じに、サンドイッチの時計の文字盤は新鮮な語彙ではなくて、1936年に、ロンジンは1モデルの13ZN時間単位の計算に時計を積み重ねるように出して、盤面の設計は非常にサンドイッチの時計の文字盤に似ています。

この後で、盛んな刺し縫いする海はサンドイッチの時計の文字盤を1つの全く新しい複雑なレベルまで(に)上がって、初期の3層式の構造に比較して、今のサンドイッチの時計の文字盤は大部分が2層の構造で、2つのお互いに重なり合っている薄片から構成して、上層皿の板が依然として彫刻しだす時表示して、下層部皿の板が付いている時へこんでいる印を表示して、そしてへこんでいる印中で夜光の物質を穴埋めします。

それ以外に、このような二重式の時計の文字盤は外の一種の形式がまだあって、私達はしばらく皿(SausageDials)それを“ソーセージ”と呼んで、その原理はサンドイッチ式の時計の文字盤が同じのと、と違い下層部皿の片上の夜光の物質は上層から透かし彫りの場所がふくらましてくるにあります。