盛んな刺し縫いする海と3Dプリント

盛んな刺し縫いする海と3Dプリント

22 12月, 2021

3Dプリントの技術は実際にはつやがある個体化を利用して紙と重なり合ってなど技術の最新の高速が成型して設置するのです。それは普通に動作原理を印刷するのが基本的なとように、機内を印刷して液体あるいは粉末などの“材料を印刷する”を装備していて、コンピュータがつながったの後にと、コンピュータを通じて(通って)“材料を印刷する”一層を重なり合って合わせるのを制御して、最後にコンピュータの上の青写真を実物になります。3Dプリントの技術は近年の風の通路の業界になって、腕時計のブランドさえ気持ちがはやります。

盛んな刺し縫いする海Luminor 1950 Tourbillon GMT Titanioは全世界の第一モデルがチタン金属の3Dの印刷する腕時計を使うので、それは直接な金属のレーザーの粉末冶金(DMLS)の技術で製造してくるです。3Dチタンを印刷する金属の外側を使ったため、Luminor 1950サイズ大きい、重さは比較的小さくて精巧で、精密な鋼の製造する同類の腕時計に比べて軽い40%を要します。その上更に重さを軽減するため、このスーパーコピー時計会社はまた(まだ)直接なレーザー金属の粉末冶金技術の3Dを使ってチタンの金属粉(層厚が0.02ミリメートルだけある)を印刷して製造して空リストの殻の内部を彫刻して、きわめて複雑な幾何学を描き出して、同時に100メートルの防水性能を保留します。

新しい材質について、新技術の探求は永遠に止まることがないので、私達のとてもうれしいのはそれぞれ大きいブランドのすべて革新している途中が積極的に探求するのを見ました。これらの新しい材質の新技術がマーケティングの笑わせどころだけではないをの望んで、本当に腕時計を更にずば抜けているのです。