陀はずみ車と透かし彫りの芸術

陀はずみ車と透かし彫りの芸術

19 11月, 2021

陀はずみ車と透かし彫りの芸術:もしも市場のが空リストを彫刻する中で手本のを選び出して行って、それではClassiqueクラシックのシリーズの5395超薄陀はずみ車のサイドオープンの腕時計は絶対にランキングに入っています。陀はずみ車のチップを搭載してこのように徹底的なサイドオープンをやり遂げることができて、考えてみると分かって、ブレゲの表を作成している実力と深い審美。

サイドオープン陀はずみ車の腕時計は表を作成する師の技巧と芸術家結び付ける産物で、それの現れ出た米は腕時計の表面のだけではなくて、その上チップの構築についてとても厳格なことを求めます。

市場はたくさん空リストを彫刻してただ簡単に添え板の上で“孔(さん)”を残して、しかしブレゲは直接陀はずみ車のチップに対して行って思い切って彫り刻んで、構築する前提に影響しない下に約50%のチップの材料を減らしを実現して、チップの搭載した超ライト級陀はずみ車の骨組み、いつも重く0.290グラムを越えないで、軽薄で、精密で、機械的で美しくて、あなたがこの腕時計を見た時、いつもこのように驚嘆します。

私達はこのために馬鹿で狂って、ブレゲ陀はずみ車で、歳月転々とした後にブレゲが依然として絶えず革新する表を作成する精神を維持しているのです。220年の歳月、陀はずみ車は最初のぐらいから今なお発展して、ただ理解していって、やっと今日の貴いのを知っています。もし革新がなかったら、このロレックス時計コピーように偉大な発明も暗くて無色になって、ブレゲの表を作成する師達で、陀はずみ車を1つの時代の光り輝きからもう一つの時代のに推し進めたのが光り輝いて、私達が心を静めてじっくりと味わいが必要です。