140周年記念セイコがクレドールエイチII釉薬磁器時計を発売

140周年記念セイコがクレドールエイチII釉薬磁器時計を発売

19 11月, 2020

2008年に最初のクレドール英一時計が発売されて以来、その絶妙なシンプルなデザインと絶妙な職人技は、世界のスーパーコピー時計の舞台に永続的な痕跡を残しています。金太郎誠子服郎創業140周年を記念して、クレドール英一IIの新時計(モデル:GBLT997)を誕生させました。新しい時計は950プラチナケースを使用し、初めて青い文字盤とペアになっています。

 

エイチIIの時計は、塩尻市ミニチュアアートマスターワークショップでエリートチームの時計職人が手作業で製作、組み立て、仕上げを行った結果です。特に注目すべきは、磁器プレートの12時間マーカーと「CREDOR」の各文字です。すべてがワークショップで職人によって手描きされています。ミニチュアアートマスターワークショップは20年の歴史があり、栄一時計(2008)、栄一II時計(2014)だけでなく、クレドールスプリングドライブソネリー時計(2006)、クレドールスプリングドライブミニッツリピーターなどの作品があります。腕時計(2011)を含む他の多くの時計の傑作。

 

文字盤の色は、日本では「ルリ」、世界では「ラピス・ラズリ」と呼ばれ、その豊かな色合いでジュエリーなどのアートメーカーに魅了されています。何世紀にもわたって。この色は、Eichi IIダイヤルのシンプルできちんとしたレイアウトに完全に適合し、白い時間マーカーや針と完全に対照的です。

 
この特別な青い釉薬を開発するのに2年かかりました。目的の効果を得るには、ミニチュアアートマスターワークショップで、各ダイヤルを各自の職人の綿密な監督の下で繰り返し発射する必要があります。スプリングドライブの動きのおかげで、白い手は釉薬の青い文字盤上でスライド運動をスキャンしています。これは、時間の連続的な流れを真に反映しています。
エナメルの巧妙な塗布のおかげで、文字盤のカーブは柔らかくなります。エナメルは表面の張力を生み出し、文字盤をわずかにアーチ状にします。磁器の本質的な特性により、文字盤の外縁と中央の釉薬がわずかに薄くなるため、光の下では、各文字盤は明るい色と暗い色の独特の変化を示します。

 

スプリングドライブ7R14のムーブメントは目を楽しませてくれます。ツーピースブリッジは強度と安定性を向上させ、完璧な面取りは特に目を引くものです。ブリッジのエッジ、ルビーベアリングの丸い穴、ネジは、完璧なミラー効果を実現するために専門的に手作業で磨かれています。焼き戻しされた青い鋼のネジは、ブリッジプレートのブラシ仕上げとは対照的であり、完璧な技術プロセスをさらに際立たせています。バレルの上部は、プラティコドン・グランディフロラムの花柄にくり抜かれています。これは塩尻市の市の花です。後ろの青いポインターは、残りの力を正確に示しています。スプリングドライブの手動ムーブメントには、60時間の予備電力を提供できる独自のトルク回復システムが装備されています。
このエイチIIウォッチは2021年1月に発売されます。発売は同社の140周年記念の始まりです。時計の価格は660万円(税込)とのことで、約42万元に相当します。