セイコー、プレサージュ有田陶器有田のセラミックウォッチを発表

セイコー、プレサージュ有田陶器有田のセラミックウォッチを発表

19 6月, 2020

セイコーが新作セラミック文字盤「プレサージュ有田陶器タグホイヤーコピー文字盤限定版」をリリースしました。文字盤に伝統的な日本の陶磁器「有田陶器」を配し、上品な青と白の色で「水月」を生み出します。 )の静かなイメージ。

 

「有田焼」は、17世紀に九州の有田町で生まれ、日本を代表する磁器の一つです。プレサージュ時計の文字盤は、セイコー時計職人とセラミック職人の橋口博之氏が共同開発したもので、新素材比率のおかげで、通常の有田焼よりも硬度と靭性が高くなっています。

 

時計職人は最初に磁器の泥を文字盤の型に注入し、1300度の高温でそれを燃やして透明な釉薬をかけます。磁器の真っ白で傷のない背景が、青いポインターとはっきり対照的な「水月」の明確な反射のように強調されます。比較した。 6時のカレンダーと9時のダイナミックストレージインジケーターは自然に凹んでおり、インジケーターの端にある2つの三日月と秒針が時計のテーマを再び示しています。

 

40.6mmステンレススチールケースには、キャリバー6R27自動巻きムーブメント、スイング周波数28800vph、パワーリザーブ45時間が搭載されています。

 

ブルーのクロコダイルレザーストラップ付き、ランゲ&ゾーネコピー2000個限定、公式価格2100ユーロ。