ディオールの11億ドルの豪華デビュー! DIOR ET MOIハイジュエリーウォッチ展

ディオールの11億ドルの豪華デビュー! DIOR ET MOIハイジュエリーウォッチ展

22 5月, 2020

ディオールエモイハイジュエリーアンドウォッチフェアは、今年初めにリリースされたハイエンドのジュエリーウォッチの人気の高いディオールエモイジュエリーとグランドバルマスケマスクシリーズを提供します。 5月21日から31日まで台北101デパートのディオール旗艦店と高雄ハンセン百貨店の専門店に5月21日から31日まで、総額11億元以上の高級ジュエリー75個と高級時計57個が展示されます。

 

20年以上ディオールジュエリーのクリエイティブディレクターを務めてきたウィザーズデザイナーのヴィクトワールドカステラーヌは、伝統的なジュエリーのダブルメインストーンデザインを巧みに駆使して、新しいディオールエモイシリーズを生み出しました。その名は、フランス語で「あなたと私」を意味するトイ・エ・モイを連想させます伝統的なジュエリーでは、二重の主石でデザインされた作品は、しばしば非対称の視覚的な方法で提示されます。

 

Dior et Moiはこの「ツイン」の概念を柔軟に使用して、宝石をさまざまな色合い、テクスチャ、およびトルマリン、ターコイズ、オパール、パールの組み合わせなどのカット形状と大胆に比較しています。漆の色で、色のついた宝石のカラフルで豊かな色。 3.55カラットの八角形にカットされたエメラルドと丸い凸状のカットマラカイトを組み合わせたリングは、視覚的に興味をそそられ、リングの側面には丸いダイヤモンド、宝石、カラーペイントが施されています。 8.62カラットのエッグフェイスカットオーストラリアンブラックオパールがセットされた神秘的なブレスレットウォッチは、楕円形のエメラルドとペアーカットサファイアと調和し、文字盤はオパールに対してゴージャスなダークマザーオブパールで飾られています。

 

台湾に初めて来た複数のジュエリーウォッチもこの感謝の焦点です。 1950年代にヴェネツィアのラ・ビヤ宮殿で開催された「センチュリーボール」に触発された、グランバルマスケハイエンドウォッチシリーズ。ディオールのクラシックなグランドバルシリーズは、通常は時計の裏側にある自動ダイヤルをフロントダイヤルに反転させており、ダイナミックな回転を楽しめます。マスクシリーズには、希少なマスクの顔の輪郭を描くために、さまざまな明るい宝石と明るい羽がちりばめられています。シリーズ全体で12人の孤児がいます。今回は台湾に来て、N°4、N°6、N°8の番号が付けられました。

 

同時に、ステージ上のユニークで独占的な製品には、La D de DiorPrécieuseàSecretサファイア時計も含まれます。ステージに登場した新商品は、高級リボンリボンで装飾されたグランバル・ルバンの時計で、文字盤に配置された自動ダイヤルには宝石セットのロマンチックなリボンが施され、文字盤はピンクの羽で覆われていました。繊細なコントラストを作ります。