セイコーが世界初のクォーツ式ダイビングウォッチの新しいアップグレードバージョンをデビュー

セイコーが世界初のクォーツ式ダイビングウォッチの新しいアップグレードバージョンをデビュー

21 2月, 2020

早くも1978年、セイコーは世界初のクォーツ駆動ダイビング時計「Professional Diver ’600m」を発売しました。これは、1975年に7549ムーブメントを使用し始めたチタンモデルの先進バージョンでもあります。 最近、セイコーはこのクラシックな時計のアップグレード版を発表しました。

 

 

クォーツ式のダイビングウォッチのオリジナルバージョンは、広島のダイバーからのリクエストに由来し、彼らは常に300メートルの深さを搭載できないと不満を述べていました。 最も深いダイビングは1062メートルで、600メートルをはるかに超えています。 現在、この新バージョンは技術をアップグレードするだけでなく、デザインを最適化し、表面には耐水深度1,000メートルが刻まれています。 コーティングされたインジケータと高強度シリコンストラップ。 この時計は世界中で1978個に限定され、9月に入手可能になると報告されています。