ロレックスYacht-Master 42プラチナ腕時計、シリーズの新しいページを開始します。

ロレックスYacht-Master 42プラチナ腕時計、シリーズの新しいページを開始します。

26 11月, 2019

ROLEXロレックスは20世紀の初期に緻密な防水ケースのガガミラノスーパーコピー設計によって表壇に名前を出しました。1950年代にはSubmarineなどを通じて防水性を強調したダイバーズウオッチは腕時計の防水技術の優位性を再び固めました。つまりこの時期にロレックスはゆっくりと航海世界と連絡し、緊密な協力関係を築き始めました。

 
ロレックス研究所がより優れた性能を持つ防水腕時計を発行した後、1950年代に航海パイオニアたちの遠征探検を支持しました。造船科学技術が今日の先進的な年代に及ばないです。航海家が出航する時に腕時計を身につけることの重要性はもちろんです。正確な時間を把握する以外に、海上航行の経緯度の位置を知ることができます。腕時計を見ないでください。小さい一匹は航海の過程で航海者の広大な海の中の案内灯となりました。そのために当時何人かの有名な海上のパイオニアはFrancics Chicherジャズ、Bernard MoitesierとRobin Knox-Johstonジャズなどがロレックスの腕時計を身につけて一年以内に世界を回る快挙を成し遂げました。

 
これらの伝説的な人物が航行中に手につけたロレックスの腕時計は水をかけたり、衝撃を受けたりすることがありますが、それらは航路の中でこれによってエネルギーを損なっていません。逆に航海家たちを安全に目的地に戻らせます。

 
防水技術で知られるロレックスは1950年代から航海世界との結びつきをさらに強化し、数十年間、航海家やヨット大会、ヨット競技の名手などを積極的に支援してきました。

 
ロレックスは自分自身の海洋に対する熱愛をヨット競技に展開しています。ブランドは特にこのスポーツ試合に伝達された団結、公平競争及び優雅精神を尊重しています。1958年からロレックスは相次いでニューヨークのヨットとオーストラリアのヨットと協力してヨット運動を推進するために全力を尽くしています。2019年にはロレックスは初めて国際ヨット大賞(Sail GP)と対戦しました。パートナーとして、しばしば実際の行動によって、海のスポーツに対する関心と愛を表現します。

 
ヨット競技と国際ヨット競技のほかに、ロレックスの代理人もヨット競技から出身しています。例えば四面オリンピックの金メダルを獲得したイギリスのブランド時計コピー優秀選手Ben Ainslieさん、世界の年間最優秀船員賞を二回も獲得しました。また、二回のオリンピックの金メダルを獲得したブラジルの名将でもあります。彼らは激しい試合の中でロレックス腕時計の堅実な品質を体験したことがあります。