万希泉は手を携えて、Ambassador of HOPE陀飛輪のチャリティー腕時計を発売することを誓った。

万希泉は手を携えて、Ambassador of HOPE陀飛輪のチャリティー腕時計を発売することを誓った。

6 11月, 2019

香港陀飛輪腕時計ブランドの万希泉はこのほどIWCスーパーコピー、慈善団体「点滴は生命」とタレント、香港の健将と協力し、「希望」をテーマにした「Ambassador of HOPE陀飛輪」の腕時計を発表し、慈善事業を助力した。

 
万希泉時計有限公司の創立者と社長の沈慧林、太子宝石時計会社グループ主席及び行政総裁の鄧巨大明、Sarah Zhuang Jewellery創始者の庄沙娜、菁英会名誉主席の荘家彬、Noblese Lifestyle創始者の周国豊、芸能人兼香港水泳チームの元メンバー方力申、点滴は生命会長の李彩芬、点滴は生命ボランティアの馮城などです。発表会に出席した有名人は、新作腕時計を発表した。

 
「Ambassador of HOPE陀飛輪」は希望を象徴する虹をデザインしたもので、文字盤を透かしてカラフルな虹の色を使い、中央の位置に虹のような絢爛な川が刻まれています。そばにさざ波が広がり、「水」が世界に希望をもたらすテーマを強調しています。腕時計の冠の位置では、点滴を入れて生命の印とし、腕時計をより記念しています。

 
一方、彼は11月5日に香港のタグホイヤーコピー環状島で45キロのチャリティーチャレンジを受け、45万人の水不足の貧困人口のために募金すると表明しました。万希泉さんは大会の指定時計を担当するほか、力説と点滴は生命協力のために作られた「Ambassador of HOPE陀飛輪」の腕時計です。さらにコストを差し引いたすべての収益を点滴に寄付するのが生命です。このプロジェクトのために募金します。