珍しいのはオレンジゲーラソーティSixties Annual Edition Fiery Orangeです。

珍しいのはオレンジゲーラソーティSixties Annual Edition Fiery Orangeです。

28 10月, 2019

オレンジのガガミラノスーパーコピー文字盤は多くないです。BreitlingとSeikoはオレンジのダイバーズウオッチを持っています。GOのような上品な時計は珍しいです。2015年、ブランドはSixties Iconicシリーズを発表しました。文字盤の色は五色のエレベーターのようです。もちろんオレンジはその中の一人です。また二年後の2019年に橙面が戻ってきました。今回はAnnual Editionという旗印を正せば、一年しか生産できません。2018年は緑面のカッコイイです。橙面は赤、黄、青などの順より前になります。オレンジ色はブランドの中での地位を見られます。

 
前の2世代の橙面の型番に比べて、新作はもっと複雑な段階があって、グラデーションの効果を採用して、新鮮な橙から橙色まで更に暗い赤色に着いて、1橙の最後の憂鬱を打ち破ります。ブランドの自分の文字盤工場も表面の操刀のレリーフの図案で、入念な模様は光と暗の対比を強化しました。(48200元)