秋のオーストリズムNeomatk First Edition

秋のオーストリズムNeomatk First Edition

14 10月, 2019

「Neomatk First Edition」は、10種類のオメガコピー細部デザインのモデルがあります。
「Neomatic First Edition」はデザインにおいてもNomosのシンプルなスタイルを継続しています。細長い針に繊細な時標を合わせて、色の好みによって、クラシックなホワイトの文字盤+ブルーのアクセント、またはシャンパン色の文字盤+オレンジ色のアクセントを選ぶことができます。

 
カリバーDUW 30001はNomosが初めて自分で開発したムーブメントです。この「フルサイズ」のムーブメントは伝統的なドイツのムーブメントからほぼ完全に逸脱した3/4のスラブ構造です。これは製作の難しさを大幅に高めましたが、ムーブメントの厚さを下げる効果があります。3.2 mmしかありません。

 
Nomosは新ムーブメントが同時により高い動力伝達効率を持つと主張しています。パネライコピー運動エネルギーの有効利用率は94.2%に達しています。これに比べて、一般的なムーブメントギア群の運動エネルギーに対する消耗は20%ぐらいです。しかし、DUW 30001の動力は42時間しか記憶されていません。

 
「Neomatic First Edition」のバージョン別の価格は3300ドルから4000ドルの間で、価格性能比が非常に高い自製のムーブメントリストです。もちろん、この新しいムーブメント構造を搭載するより複雑な機能が現れることを期待しています。