国慶節:超覇月の暗黒面アポロ8号の時間計算コード表

国慶節:超覇月の暗黒面アポロ8号の時間計算コード表

29 9月, 2019

NASAが月を周回するアポロ8号の任務に成功したのは初めてで、人類は初めて接近軌道を離れ、月を回る航行中に初めて月の遠い端(暗い面)を見た。

 
「初めて月の暗い面を見ました」というテーマを提示するために、デザイナーはカリバー1869を選んで、手動でチェーンマシンの芯を透かして処理します。レーザーでマシンの芯の正面の板上に月の表面の環状山の起伏レリーフをエッチングしました。そして、黒めっき処理で月岩のような砂質感を得て、銀色の糸で磨き上げたムーブメントパーツです。強い視覚的コントラストを構成する。

 
文字盤のクロノグラフ部分の針は目立つ黄色で、3時は30分のクロノグラフ、6時は12時間のクロノグラフ、中央は黄色の長いクロノグラフ、12時はSpeedmaterマークも黄色の配色を特別に使っています。

 
44.25 mmブラックセラミックスは精密に研磨され、タイミングボタンは鏡面に研磨され、優れた操作感を提供します。文字盤をめくると宇宙飛行士や指令室のパイロット、Pilot Jim Lovellの任務開始時の名言が見えます。「WE’LL SEE YOU ON THE OTHER SIDE」。

 
9000スイスフランです。