2019 Reverso Tribute Tourbillowon Duffaceロールバック文字盤陀飛輪腕時計

2019 Reverso Tribute Tourbillowon Duffaceロールバック文字盤陀飛輪腕時計

26 9月, 2019

「Reverso Tribute Tourbillowon Dufface」は文字盤陀飛輪の腕時計を反転させ、初めて飛行機陀飛輪の機能をReversoシリーズに組み込み、新たなカリブブリエ847のムーブメントを搭載し、50枚限定で発売します。

 
この腕時計のケースはプラチナでできています。サイズは27.4 mm x 45.5 mmで、厚さは9.15 mmしかなく、Reverso家族の中では「軽薄」の一枚です。正面の文字盤は優雅な青い日ざしの模様で飾られています。従来の二重針のレイアウトで、細かく磨いて飛行する陀飛輪は6時にあります。文字盤を反転させると、表の底の内側に「太陽」の模様が見えます。

 
文字盤をひっくり返して、驚くべきのは半開放式の底面の文字盤です。直接にムーブメントの底板の精密な磨きが現れて、研磨砂の質感を引き立てる偏心の文字盤で、立体カットの時の標識と針を合わせます。青鋼の針、金色の歯車は底面の文字盤の最も目立つ装飾となり、1時は透かし設計の昼夜指示窓で、11時は透かしバネケースで、6時は目立つ陀飛輪フレームで、陀飛輪フレームの三角形は60秒の目盛りに対応して、小さい秒針盤を構成しています。

 
カリブブリエ847を搭載し、手動でチェーンムーブメントを搭載しており、このムーブメントは同時に2つの異なる時間を見せることができますので、両面の文字盤は2つのタイムウォッチとして使用できます。