Moon In Space月のテーマ腕時計は月の美学と力に敬意を表します。

Moon In Space月のテーマ腕時計は月の美学と力に敬意を表します。

18 9月, 2019

ドイツ時計工場のMoritz Groossmannは、限定版の作品を発売したばかりです。

 
精密鋼のケースの直径は44.5 mmで、DLCコーティングによって深灰色になり、暗い神秘的な宇宙を象徴しています。「月」の左側には4つの橋板と殻が連結して固定されており、惑星軌道に入るのは史上初となる人工衛星「Sputnik-1」の4つのアンテナからインスピレーションを受けた。

 
時分盤は「月」の中央にあり、レール式の分刻みはMoritz Grosmannのシンボル的なブラウンの針を合わせ、7時はコンパクトな秒針盤で、2つの副文字盤はそれぞれ白と黒の大明火エナメルを採用し、優れたコントラスト効果を示しています。

 
カリbree 102.0を搭載し、手動でチェーンムーブメントを作り、周波数21600 vph、動力は48時間を蓄えます。このムーブメントは経典の3/5の板金を使って設計して、直径は26 mmで、時計の殻の直径の半分だけ多くて、だから「月」の後方で隠れることができます。

 
黒いワニの皮のバンドを合わせて、8枚限定で、官価は30700ユーロです。