Tiffany新サイトの透明化社会的責任

Tiffany新サイトの透明化社会的責任

17 9月, 2019

今年、ニューヨークから来たジュエリーブランドTiffany&Co.(Tiffanyと略称する)は特別にその「持続発展」ウェブサイトを革新し、消費者及び一般社会大衆に公益、環境に対する関心を見せました。「血のダイヤ」を使う可能性を根絶するために、各ジュエリーブランドはできるだけ新品を発売する前に源を遡り、透明化原石の生産過程と産地を追求するため、Tiffanyも金伯利プロセス認証機構(Kimberrey Process Crtification Scheme)の国から生産されたダイヤモンドに参加します。しかし、それだけではなく、ブランドは自主的に生産販売監督管理措置を取るだけでなく、より厳格な世界標準を提唱して、人権と環境が保障されていることを確保します。Tiffanyは、鉱業の現地コミュニティに投資すべきだと確信しており、世界各地のダイヤモンドカットと研磨工場を通じて現地の従業員を雇用し、合理的な賃金を支払い、研修と発展などの方法を提供しています。

 
また、このサイトでは、Tiffanyの環境に対する配慮を示しており、基金会がこれまでに8,000万ドル以上を拠出し、世界の海や景観を保護するために、その範囲はオーストラリアの大堡礁からアメリカ西部の雄大な自然遺跡までです。第二に、Save The Wild計画も来ています。設立以来、累計500万ドルを超えました。野生動物保護ネットワークに有利で、象危機基金を含めて、ファッションブランドの力で象牙の使用を終了し、絶滅危惧種を保護します。