木中豹影Roton de Carter Panthere wood marketrywatch

木中豹影Roton de Carter Panthere wood marketrywatch

23 8月, 2019

Carterは1914年に縞瑪瑙とダイヤモンドで豹柄の抽象的な美洲豹を構成しました。そしてその時に用いられました。今年彼らはジャパンサーの主題を大いに発揚して、さまざまな種類の工芸でヒョウをテーマにした腕時計をいくつも作っています。その中で、この木目細工で作られたデザインが生き生きとしています。

 
パンサーの顔は5種類の珍しい木材を使って小さな塊を丁寧に象眼しています。その中の色調とテクスチャはぴったり合っていなければならないので、目の前に油彩画のような感じができます。レンズの下で豹の顔を見ても、目つきの強い勢いは人を脅かす効果があります。この工芸画は直径42 mmのバラゴールドのケースに積載されています。38時間の動力備蓄を持つ430 MCの手で作られたムーブメントを搭載しています。

 
Rotode Carter Panthere wood marketrywatch
ケース:ピンクゴールド
直径:42 mm(10.9 mm)
ムーブメント:430 MCで手を上げる
機能:時、分
防水:30メートル
限定:30枚
価格:約545,000