アテネの大航海を鑑賞しているフラッグシップの陀飛輪Grand Deck Marine Tourbillown

アテネの大航海を鑑賞しているフラッグシップの陀飛輪Grand Deck Marine Tourbillown

13 8月, 2019

大航海の旗艦の陀飛輪の腕時計の全体の霊感は帆船から来て、その逆跳の分針は更に索具と帆具の操作の啓発から来ます。また、文字盤の外周には4段の装飾的な扶柵があり、12時から伸びている青いアルミニウム製のスライダーがあります。このスライダーはここで逆跳分針として働いています。文字盤の中央にある青いスピネルを回る分、円弧型の目盛が回っています。帆船の下トラスがロープで帆を立てるように10時、2時、8時、4時を回ってください。この分針は回転を制御しています。分針が60に達すると、細い糸が糸巻きを回してから分針をゆっくりと0目盛の位置に戻します。3、4秒ぐらいかかります。