ロレックスはスイスのではありませんか?

ロレックスはスイスのではありませんか?

13 8月, 2019

ロレックスはスイス製の時計だと知っています。そして、ロレックスの六時の位置には一行の字が刻んであります。「swiss made」(スイス製)。しかし、ハード核の友達を除いて、ロレックスがどうやってスイスに行くかはあまり知られていません。

 
はい、ロレックスはもともとスイスにいません。いないばかりか、スイスにも行きたくないです。

 
ロレックスの主な創始者であるハンス・ウェルズドーフは、ドイツバイエルン州のクルムバッハに生まれた。ウェルズドーフは優れた時計職人とは言えないかもしれませんが、慧眼のユニークな時計商です。二十世紀の初めに、彼は植民地によって財をなしたイギリスを見据えました。そこの市場にはたくさんの英ポンドを握って生活の雰囲気を増やそうとしています。同時に彼は腕時計の普及の技術転換点をも見定めて、腕時計は女史のアクセサリー箱から出てきて、懐中時計の主流応用における伝統的な地位に挑戦し始めました。このような背景の下で、ウェルズドーフはイギリスでロレックス、ロレックスの名前まで創設しました。彼自身によると、いつかイギリスで車で出かけた時に思い出したのです。

 
代理から生産に転じたばかりのロレックスは、主な生産方式はスイスエグラーからムーブメントを輸入し、イギリスで組み立てて市場に投入します。この商売はもともと風変わりに行われていましたが、ウェルズドーフも引越しの意味がありません。彼自身は「英粉」です。ドイツに帰ったり、スイスに行ったりするのはもともと考えられないです。しかし、天には不測の風雲があり、第一次世界大戦が勃発しました。彼はドイツ人です。

 
「敵の居留」として、ウェルスドーフは交戦中に睨まれただけでなく、戦争が終わっても落ち着いてはいけません。一戦が終わった後、イギリス政府はドイツ人の醜態化を続けるだけでなく、イギリスにいるドイツの華僑と会社に厳しい税金条項を制定しました。イギリスに居続けると、気が気でないと商売にもなりません。
そこで、1919年に、ウェルズドーフは会社をスイスのジュネーヴに引っ越しました。これでやっと私たちの知る「スイスロレックス」ができました。