腕時計の色を選ぶのが間違っています。いくら努力しても無駄です。

腕時計の色を選ぶのが間違っています。いくら努力しても無駄です。

9 8月, 2019

腕時計は普通は銀白色、黒、バラゴールド、青などがありますが、色ごとに感じ方が違っています。服と組み合わせても感じ方が違っています。自分のスタイルと好みによって選んでください。どの色にもどんな意味がありますか?それともどんな付加価値がありますか?

 
銀白色
シルバーホワイトはきれいな色です。シルバーホワイトのケースやチェーンの腕時計は人の清潔さと洗練されています。女性が銀色の腕時計をはめると、明るくて繊細な感じがします。男性は銀色の腕時計を身につけていますが、もっとしっかりしているように見えますが、脂っこくないです。

 
ブラック
黒は腕時計の中で最もクラシックな色で、黒の腕時計は一番時代遅れではないです。他の腕時計よりも、黒の腕時計のほうが落ち着いた感じがあります。この色の腕時計は男性の腕時計に多く登場します。若い男性が身につけると、あなたの元気や活力が浮き彫りになりますが、だらしなく見えます。中年の人が黒い腕時計をすると、威厳と雰囲気が増します。女性は黒い腕時計を身につけていますが、特殊な神秘感があります。

 
バラの金
ローズゴールドはここ数年多くのブランドが好きな色です。ローズゴールドはロマンチックな色で、もっと高貴で格調があり、ファッション的な色です。この色は男性の腕時計と女性の腕時計の中に置いてもよく似合います。女性はこの色の腕時計をしています。知性と優しさがあります。男の人がこの色の腕時計をしています。心に猛虎がいて、薔薇を嗅ぎ分ける感じがします。