徐悲鴻の絵から生まれた反転シリーズのエナメル腕時計。

徐悲鴻の絵から生まれた反転シリーズのエナメル腕時計。

27 6月, 2019

積家大工坊はこの作品を通じて中国水墨画の独特な趣と迫力を表現したいと願っています。

 
腕時計の文字盤は長い線で構成された幾何学模様のねじり模様があり、精巧で風変わりで、乳白色の光沢のある象牙色のエナメルで覆われています。

 
徐悲鴻(1895-953)は20世紀の中国で有名な画家です。彼は中国画、油絵、デッサン、ピンク画と書道が得意です。中国では彼の駿馬の絵が人気です。原作の「春山十駿図」は、5メートルを超える絵巻で、中国の山水風景の中で、十匹の姿を変えた駿馬を活写している。エナメル工芸の巨匠がこの絵の中の二頭の駿馬からインスピレーションを受けて、この腕時計のエナメルの微絵をデザインしました。

 
この腕時計の製作にも多くの挑戦があります。どのように多重エナメル保護層の下で筆の運びを再現するか、また水墨の流暢さと軽さに霊感を与えながら、原作の神韻と勢いを残していくかが大きな挑戦です。そのため、技術者は数時間の研究を経て、やっと適当なタッチを見つけました。駿馬の活力と躍動感を表現します。もう一つの挑戦は駿馬の細かいところを描くために、ほこりのたてがみなどです。注目すべきは、多彩な色彩を得意とするエナメル工芸の大家にとって、黒と白の調だけを使ってモノクロのエナメル微絵作品を作ることが最大の挑戦と言えます。
最終的に完成したマイクロ絵は馬の快挙の勢いと活力に満ちた姿を捉えることに成功しました。