雪鉄納運動エネルギーシリーズSTC 60周年特別版ダイバーズ腕時計

雪鉄納運動エネルギーシリーズSTC 60周年特別版ダイバーズ腕時計

20 6月, 2019

海の中のプラスチック汚染は目に触れて驚きました。すべての海洋ゴミの中に80%がプラスチックで、行動しないと、2050年までに、海の中のプラスチックの総量は魚類を超えることもあります。そのためには、革新的な解決策を探して、自分の努力で持続可能な発展の道を切り開く必要があります。

 
2010年、スイスの企業家マルコ・シメオニは海洋保護基金会を設立し、海洋プラスチック汚染の防止に専念し、世界的な環境災害を避けるために有効な解決策を探しています。ファンドは、廃棄プラスチックをガソリンや電力エネルギーに転化する先進的な技術概念を打ち出し、エネルギーの売却所得を報酬としてコミュニティの回収者に支払うことで、廃棄プラスチックの収集を奨励しています。昨年、この基金は2017年から2021年まで5年間のオデッセイ航行プロジェクト(Odysey 2017-2021)の主要スポンサーとなりました。このプロジェクトは政策立案者と公衆の海洋保護意識を高め、若い世代の環境保護教育を強化することを目的としています。

 
オデッセイ航行プロジェクトの実行者として、「海洋護衛号」は太陽エネルギー、水素エネルギー、風力エネルギーなどのクリーンエネルギーを動力として航行し、全世界の複数の島と沿海都市に寄港し、クリーンエネルギーの転換の実現性を証明します。このプロジェクトに対する支持を示すため、珠玉はマリン航海シリーズ5517の特別腕時計を発売し、文字盤にはパリの釘紋で描かれた「海洋衛星号」のシルエットを飾っています。この時計は「海洋護衛号」の探検家たちに預けて、彼らのために護衛します。