Villerret経典シリーズ「芸術の大家」は珍しい技術を採集します。

Villerret経典シリーズ「芸術の大家」は珍しい技術を採集します。

5 6月, 2019

表重鎮Le BrassisのM e tiers d’Art“芸術の大家”の仕事部屋の中で、宝パーの芸術の巨匠達はこれまでと変わらず永久不変の革新の理念を受けて、これを動力にして絶えず大胆な試みを作り出します。今年、宝パーは、Binchペンタン炭を使用した最初のモデルを発表しました。この特別な木炭は日本の紀州地方で生まれた烏岡コナラによって作られました。

 
精緻で有名なBinchペンタン炭は装飾の目的に使われることが少ないです。一方、宝パーは今、一連の巧妙な芸術作品を通じてこの天然素材に新しい表情と使命を与えました。まずBinchペンタン炭を洗浄し、细い円板状に切断し、更にアジアの漆树脂を数层コーティングして老化を防止します。続いて盘面を研磨して、Binchペンタン炭がすでに持っている自然なテクスチャ美と色調感を高めて、更に着色した漆で丹念に饰ります。その後、金彫刻工芸で宮島鳥屋の造形を彫刻し、もう一度宝パーの天馬行空の創造力と卓越した表工芸を演じました。