意匠刺繍技術は腕時計の逸品を飾ります。

意匠刺繍技術は腕時計の逸品を飾ります。

4 6月, 2019

刺繍は人類の一番早い装飾言語であり、刺繍技術の中の貴重なものです。今まで2000年以上の歴史を持っています。中国の伝統的な珍しい工芸の一つです。ちょっと好奇心があります。腕時計の文字盤に針を通して、方寸の間に、どれぐらいの発揮と想像の空間がありますか?精微刺繍の大家趙紅育の配下で、微小な織物は画布のように、絹糸で描いた質感には一種の霊気があります。鳥獣百態、草花は艶を競い、この技術がもたらした精緻な美感を伝承するのは少しも問題がありません。

 
シルクをキャリヤーにして、針と糸を繰り返して絹の面を通ります。考えてみてください。桑蚕の糸を七十分の一から八十分の一に細分して、一針一糸で編み上げます。細かいところが煩雑で、職人の心が見えます。このような精巧な刺繍の腕時計は、芸術で文字盤を飾り、刺繍芸術に新たな表現を与え、より多くの人に刺繍芸術とその融合性と現代性を理解させ、まさに今流れている時間のように、貴重なものに見えます。