Seiko Prospex 1968自動ムーブメント潜水表記念限定モデル

Seiko Prospex 1968自動ムーブメント潜水表記念限定モデル

21 5月, 2019

7月のある週にSeikoで開催された記者会見に参加しました。主軸はProspexの今年発売された一連のダイビングリストで、1978年の最初の石英飽和潜水の「まぐろの缶詰」、「まぐろの魚」、アジア限定の「ピエロの魚」、1968自動动机コア潜水表の限定コピー表を含みます。でも、私が一番興味があるのは1968自動ダイバーズウォッチのデザインを採る屋久島の限定品です。セイコーのMarine Masterが好きな時計仲間たちも共感できると信じています。

 
まず緑について話しましょう。ここ二年ぐらいはみんなが表壇で青い面が流行っていると言いました。たくさんのブランドが青色の表を出していますが、本当に人を夢中にさせる色は青ではないはずです。緑の水鬼はいい例です。何のために绿水鬼が他の色よりずっと人気がありますか?今年各ブランドが発表した新商品を見ると、緑面がトレンドのようです。

 
セイコーによると、Prospex屋久島限定モデル(SLA 019 J 1)の緑色は日本列島の南端にある「屋久島」という潜水聖地で、ユネスコが認定した世界自然遺産です。島の森や石の苔が、清い水の流れの下に日本人の憧れの景色を作っています。もちろんこれはみんながProspexの屋久島の限定品に夢中になる理由ではないかもしれません。