飛亜達品質ブランドの二輪駆動

飛亜達品質ブランドの二輪駆動

16 5月, 2019

飛亜達は1987年に設立されました。「澎湃とした時代の潮流が、飛亜の達人の事業に踏み出す勇気をかき立てた」飛亜達(グループ)株式会社の黄勇峰会長は経済日報の取材に対し、「会社の創立当初から『国人の腕時計ブランドを作る』という目標を確立しています。これは大いにやりがいがあると信じています」と語った。

 
このようにして、8人の創始者は探求の道を始めました。中国初の時計上場会社の飛亜達はおぎゃあと生まれました。
私たちが腕時計を形容する時、まず思い出す形容詞は「精密」「厳格」です。しかし、腕時計は単なる技術ガイドではありません。時間、審美、芸術、文化など多くの要素を融合させた総合的な製品であり、ブランド力に対する要求は極めて高い。

 
ブランドイメージを伝えるために、飛亜達は表工芸で堅実である以外に、当時「石破天驚」を見に来たことがあります。例えば、彼らは186万元の初期投資の中から100万元を取り出して、中央テレビ局に投入して広告宣伝を展開します。その年の中で、「飛亜達表」は毎日19時ちょうどの「ニュース聯播」と一緒に定刻に登場しています。

 
この取り組みは飛亜達のブランド認識に深く関わっています。飛亜達は市場で天と地を勝ち取るためには、製品に力を入れるだけでなく、ブランド形成にも力を入れていくべきだと考えています。事実も確かに飛亜の達人が予想したように、このようなブランドの形成の方式は効果がきわめて良くて、今なお巨大な影響力を維持しています。

 
ブランドは経済的価値を持つ無形資産であり、消費者の企業に対する認識を背負っている。黄勇峰氏は、長年来、飛亜達は一貫して製品の品質とブランドを企業発展の「二輪」と見なし、同時に文化賦能を重視し、製品設計において中国伝統文化の特色を持つ因子を積極的に加え、同業界ブランドとの差異化発展を実現していると述べた。

 
例えば、飛亜達は特に中国の伝統工芸の伝承と革新に関心を持っています。会社は前後して国家級の非物質文化遺産の相続人と協力して、「両面精微刺繍」「彫金」などの工芸を腕時計に現れました。今年初めて開催されたスイスバーゼル国際時計展では、中国が国際ブランド館に進出した唯一の腕時計ブランドとして、敦煌の腕時計が特別に発売されました。敦煌の壁画からインスピレーションを取り入れ、ハイエンドの精密な表现技术と组み合わせて、手で糸を削り、エナメル工芸を采用して、空を飞び、胡旋舞、莲の藻井と九色鹿などの敦煌文化の精髄を再现しました。