蕾蒙威の即興のリズムは腕の間に躍ります!

蕾蒙威の即興のリズムは腕の間に躍ります!

14 5月, 2019

ブランドの創立以来、レーモンウェイは偉大な音楽作品の背後にある作曲家を賛美することによって、霊感の源として崇高な敬意を表しています。トカタシリーズは外観が優れていて、スタイルが落ち着いています。同時にブランドの大胆なデザインとアイデアを融合させました。トカタシリーズだけの即興的なリズムとともに、優雅で簡潔でクラシックで永遠の姿が紳士と淑女の腕に躍り出ます。

 
トカタシリーズはクォーツムーブメントを搭載しており、繊細なデザイン、親民の価格と優れた品質を融合させています。精巧な円形のケースはそれぞれ29ミリ、39ミリ、42ミリの直径サイズがあり、材質は精密鋼とメッキが選べます。精巧なケースと滑らかなラインは、円形のサファイア水晶の時計鏡と調和しており、シリーズのロゴとなっています。コンパスは交響楽団の指揮棒のように、時標やローマ数字の間で絶えず揺れ動いていますが、文字盤は指揮下で簡潔で正確な楽章を演奏しているようです。黒いメッキの文字盤と似合う革製のベルトや精密鋼のチェーンが付いていて、珍しい優雅な雰囲気を醸し出しています。この楽章の華麗な仕上げは太陽の模様の銀質の文字盤を持つ全鋼の時計です。この時計のモデルは6時の位置に小さい秒針があります。古典的で現代的な雰囲気もあります。

 
2014年の第一楽章として、トカタシリーズは親和的な姿と精度を持続的に追求して音を奏で、作品ごとの芸術精神を賛美します。