エルメス-Heure H二十周年特別版を解読します。

エルメス-Heure H二十周年特別版を解読します。

18 4月, 2019

「H」は8番目の英語のアルファベットをはるかに超えています。間違いなくエルメスの略語です。これはすぐにエルメスのシンボルの字母になって、長年来絶えない霊感を持ってきます。手提げ袋やベルトバックル、サンダルに身を包み、1996年にHeure H腕時計の誕生に伴い、このエルメスの「H」が時計作品として当然の選択となった。

 
腕時計は26 x 26ミリか21 x 21ミリのサイズを用意しており、その代表的なエルメス文字で、半透明の塗装を施した新しい文字盤が登場します。ブルー、ブラック、またはHレッドは、このオリジナルの時計作品を飾る色調で、ダイヤモンド11個のマークを付けたり、白い数字で「H」の形をしたケースを取り囲む線です。各タイプは同じ色の革のベルトを組み合わせています。亮面マルタの青い牛革、黒いBareniaの小牛皮または明るい面のH赤の小牛革――最高級の牛革から最後の鞍の針まで縫うことによって、全部ブランドのワークショップで全部手縫いします。

 
Heure H腕時計の細部は濃厚なエルメスの特色を配り、20年間の時間のオリジナル、スタイルと優雅さを謳歌しています。今回は腕時計シリーズのマークという記念年を通して、お客様にブランド傘下のアジア全域の旅行小売店で心を込めて鑑賞させていただきました。