超薄型ブレスレットの新作ブレスレットシリーズ記念Spring Drive登場20周年

超薄型ブレスレットの新作ブレスレットシリーズ記念Spring Drive登場20周年

13 4月, 2019

1999年、二十年以上の研究開発を経て、Spring Driveはバーゼル国際時計ジュエリーショーに出品されました。今は近代贅沢腕時計製造史上最も重要な発明の一つとされています。今日は、Grand Seiko Eleganceシリーズが、従来より薄く、より洗練されたスピリッグドライブの20周年を記念して、新しいモデルを発売しました。同シリーズは、新たな手動チェーンSpring Driveムーブメント、Spring Driveマークを搭載したスキャン式の順滑指針で、本格的な時間が流れる美しさを反映した4つの腕時計を発売している。その二重主ねじの設計のおかげで、すべてのモデルの精度が高くて、一秒の差があります。長時間の動力貯蔵を備えています。そして、Grand Seiko独特な日本式審美の低調で精緻で、高質感の光芒が現れます。同シリーズは2019年7月から世界の専門店や指定小売店で発売される。

 
マイクロアートマスター工房からの新たなスピリッグDrive腕時計傑作ミニアートマスター工房がグランドセットに初貢献したのは、2016年バーゼル国際時計ジュエリー展で好評を博したスピリッグDrive 8日間のパワーウオッチです。今回、同じエリートチームが新たな9 R 02のムーブメントを提出しました。一つのバネケースに二重の平行バネを搭載しています。独特なTorque Return Systemを採用しています。外観と内面を問わず、9 R 02ムーブメントを搭載した2つの腕時計も同様に目立ちます。ケースは950鉛金を用いて製造され、厚さは9.8 mmしかない。針と時標は14 Kのプラチナで作られ、数十年かけて輝きを消すことができます。Grand Seikoのロゴを文字盤に刻み、パワーセーブ表示は千腕時計の裏側に置かれ、サファイアガラスの底蓋を通してはっきりと現れます。バネの箱の形は風鈴草の花の形をしています。これは工房がある塩尻市のシンボルです。二重板端は高い水準の精密な磨きを経て、その光の明るさは完璧な板金の糸引き効果に匹敵します。

 
その中の一つは限定販売で、そのデザインはミニアート工房の周りの自然環境の美しさを表現しています。文字盤の雪片の霊感は千信州の美しい雪、銀色の糸の文字盤と精巧な手作業で磨いた白金の文字盤が互いに照り映えています。このほか、レノンの下のパネルにある18 Kゴールドの銘板には「Micro Artst」という文字が刻まれています。着用者が好きなら、自分の名前が刻まれたプレートに変えてもいいです。

 
*Torque Return System(トルクリターンシステム):モーメント出力が最大点の主バネのチェーンいっぱいになった時、普通のムーブメントは腕時計の正確な走行を支えるために使う電力は最大70%しか出力できません。まだ30%の電力が浪費されています。トルクリターンシステムはこの部分のパワーを利用して、メインバネを再び引き締め、さらに動力貯蔵の時間を高めることができます。