旧時の計修復をヒントにした世界初の試み。

旧時の計修復をヒントにした世界初の試み。

12 4月, 2019

これは、時計の中にGMT(グリニッジ標準時間)という複雑な機能を追加した新しいインスピレーションを獲得したモデルです。当初はパルテニ修復工場で懐中時計の修復を依頼されていましたが、この時計は同じケースに2つのムーブメントを搭載しています。各ムーブメントはそれぞれ自分のタイムゾーンを担当しています。これは、パマティーニの新しい渇望を刺激しました。

 

空間がずっと小さくて、二つのムーブメントが収容できないように見える腕時計のケースにもこのような正確な表示ができますか?このような束縛のためにミシェル?パルマティーニは優雅な解決策を見つけました。同じムーブメントで同時に二つのタイムゾーンを制御して、各タイムゾーンの表示精度は十分まで正確です。パマ・ジョンニが2010年に発売したTonda_Hのコンセプトは世界で初めてです。2017年、ブランドはこの特別なムーブメントをその創始シリーズTORICに導入して、このシリーズに優雅で恒久的な美感のほかに、旅行機能の次元を追加しました。