冬の腕時計についてはどう注意しましょうか

冬の腕時計についてはどう注意しましょうか

9 1月, 2019

寒い冬は、私たちが凍るだけでなく、腕時計も同じです。これは、温度が低い場合には、腕時計内部の潤滑油が凍られる可能性があるため、時計の動きに影響を与えるためです。これは天方夜劇ではなく、凍りついた化粧品を参考にしてください。だから、腕時計を手につけるか、家に置いておくのか、温度が本当に低いなら、腕時計のために「保温」にする。北方人なら室内は暖房があるので、家に置くと腕時計が凍られてしまうのを心配しないでください。南方人であれば、温度が低くなることはありませんが、湿度が高いので、腕時計が室内にあるとしても防水に注意してください。時計を屋外にかけていると、温度が非常に低い地域(例えばハルピン)で、時計を隠すようにしなければならない。暖かいところなら、どうでもいい。