どうして必ず表盤の上で透かし彫りをしてドッパを出しますか?

どうして必ず表盤の上で透かし彫りをしてドッパを出しますか?

4 12月, 2018

そのために、ある友達は一つの現象を発見します。それは、ツンドラの機能は往々にして透かし彫りにして簡単に見ることができるのです。これはなぜですか。他の機能もそうではないんですよ。

 
例えば、この積家の大家シリーズ50 8220腕時計、この腕時計は自動機械のコアを搭載していて、表殻は18 Kのバラの金の材質で、ダダの飛輪機能、表径42ミリ、防水50メートル。

 
そしてこの宝玉の経典の複雑なシリーズの5317 PT / 12 / 9 V 6腕時計、この腕時計は自動機械のコアを搭載して、表殻は950プラチナの材質で、ダダの飛輪機能を持っていて、時計径39ミリ、防水は30メートルです。

 
また、このオメガディスク飛シリーズ53.39.29.21腕時計もあり、この腕時計も自動機械のコアを搭載しており、表殻は18 Kのバラの金の材質で、ドッパ機能を持ち、時計径38.7ミリ、防水30メートル。この腕時計は部分的に透かしてはなく、全体に透かしている。

 
十八世紀に一番早く誕生して、今から3世紀になって、当初の設計は、1つのレベルを回転させることによって、それ自体の軸を360度回転させることによって、「上下」という点もなく、さらには地球の引力に対する機軸に対する影響の目的となっている。業界は、技術の進歩といえる。

 
しかし、この技術は複雑すぎて、実は完全に普及していない。自陀飛輪が誕生した160年のうち(1790年- 1950年)、世界中に出現したドッドカーの懐中時計や時計の総数は600匹ほどである。

 

時計の業界が「時計時代」に入ってからは、時計や懐中表の複雑な機能が腕時計に移っていくことが多い。もちろん、この移行の過程は、もともと「大」の複雑な機能がますます小型化していて、時計や懐中表などに比べて腕時計の体型が小さくなってきた。

 

私達はすべて知っていて、最も早く陀飛輪の技術を発明したのは宝玉であるが、多くの人は知らないかもしれないが、最も早く陀飛輪を腕時計のブランドを導入したのはオメガだ。カウントダウンの実験型の時計。