ティソドルールシリーズの腕時計、スイスからの青い魅力

ティソドルールシリーズの腕時計、スイスからの青い魅力

16 11月, 2018

160年前、スイスの汝引き山山区の町ロック、ティソが創設した。今まで、ティソの本部は依然としてその町に位置していて、「スイス製」はティソの不滅の印であり、その品質の象徴でもある。

 
ティソのドゥールシリーズの腕時計も、ブランド誕生の街の名に由来している。この一連の腕時計は、ティソが「伝統を創造する」というブランドの理念を常に堅持し、160年以上の伝統的な製表はティソの革新と創造の根本である。

 
新しいドルールシリーズの腕時計盤は純潔な湖の青となっており、表盤にある太陽光のテクスチャに合わせて、太陽の下で徐々に変化を起こし、「スイスからの青い魅力」を披露した。アーチ形のサファイアガラスの表鏡は、明るいことがあり、ローマの数字と本の形に大きな3針を組み合わせて読むと視野が広くなり、鏡面には眩しさを防いで読むのがもっとはっきりしています。腕時計6時位にカレンダー窓があり、12時位はティソのブランドマーク。

 
ドルールシリーズの時計の時計の耳サイズは2、1 mmで、表盤の直径は42 mmで、表盤の厚さは10・8 mmである。腕時計の重さはわずか11 gで、手首の圧力を大きく減らした。表殻材料は316 L精鋼で、製作は精密で、線は滑らかで繊細で、標準小歯輪紋表の冠を搭載しています。

 

http://www.yukijp090.xyz/