“殲- 20”雄姿、腕に蒼天を見る

“殲- 20”雄姿、腕に蒼天を見る

7 11月, 2018

今回出展した「殲20」の連名限定モデルは、「殲20」のユニークな要素や刻印を具現している。カバーの側面の側面の輪郭線は、「殲20」の胴体の輪郭によって、滑らかな流線型、腕時計の冠と押した組み合わせの形によって、戦闘機の発動機の尾を噴いて呼応します。秒針は戦闘機の形をして、赤の先端に色をつけて色を添えます。線は絵を描いて、わずかに筆を数えて、つまり戦闘機の輪郭をかき出して、頭を下げて腕の間で“殲- 20”の勇ましい姿を見ることができます;底蓋は“殲- 20”の戦闘機の輪郭の図案に刻まれて、この記念の意味を時間に従って心に動かされます。

 
表盤は機転を続けてスタイルを設計します:刻度の間隔は細密で、全体的に科学技術の計器の独特な美感と精密さに満ちています;対照的な黒の底の白の字の面を対比して、しっかりとした厚みの青い宝石の時計の鏡を組み合わせて、腕時計はどんな角度でもはっきり読むことができます。コンペラは、いずれも夜光のコーティングがあり、昼夜にかかわらず目を軽くして簡単に読むことができ、パイロットが手軽に読む時の需要を満たすことができ、何のポイントを逃していない。

 
表面は繊細な放射状の太陽の紋で、腕時計を回転させる間に、太陽の紋の表面は光の入射角度の変化によって変化して、ダイナミックに変幻する光影の効果を呈して、美しくない輝きを発散して、とても味わいがあります。バンドのデザインも偶然ではありません。飛行服からインスピレーションを汲み取り、牛の皮の表帯に独特の縫製を飾り、個性に富んでいます。