飛亜達が手を携えた「殲- 20」の戦闘機の更新

飛亜達が手を携えた「殲- 20」の戦闘機の更新

7 11月, 2018

飛行時計の先鋒として、2003年には、飛亜達は、中国の空軍パイロットの研配専門用表として、2013年には「殲- 15」という戦闘機の飛行機を鋳造した「飛鮫シリーズ」の腕時計、飛行士を連れて、浮遊していた。長年にわたって、飛亜達は常に執念の飛行熱心と情熱を抱いて、地上から空までの腕時計の伝奇を探る。

 
2016年11月、「殲20」の戦機が初めて珠海航展に現れ、精悍な姿で空を画した。新しい世代のコンタクト戦闘機として、「殲20」は空の空を制する偉大な使命を背負って、空の戦場にある「相手の発見、先の相手の攻撃、先の相手による破壊」の能力を備えており、極力の隠身性能で、空を空に隠し、相手の雲集の高い空中で人の道に入る。

 
この画期的な大国の重器を記念して、飛亜達は再び手を携えて航空志士として、「殲20」の戦闘機と連携して連名の腕時計を出し、「殲20」の戦闘機の中からデザインのインスピレーションを取り、航空材料とトップの製表技術で精堅な時計の利器を作り、戦闘機の硬直な気迫を凝縮している寸の間に、腕の中で広大な大空をのぞいている。

 

http://www.yukijp090.xyz/