洗練された手作りスーツの伝統的なカットアート

洗練された手作りスーツの伝統的なカットアート

5 11月, 2018

時の守護者、風上の守護者。江詩丹食と手作りの洋服マスターは、代々伝わる伝統芸術工芸を交流しました。1755年以来、江詩丹食は終始優雅な美しさを追求してきた。手作りのスーツの分野において、裁縫は細部に対して細部に対して上品なファッション気質を伝えることによって、手作りの洋服の伝統を体現しているが、ハリウッドの黄金時代の経典男星の服装は、最も優れた男性を表現できる優れた者である。最近では、新興の優雅な紳士の代表もそれぞれ自分のやり方で手作りの洋服をカスタマイズしている男性の姿を説明している。このような生まれつきの雅の士は精緻な洋服を選り取り、自由奔放な服装で自分の個性と魅力を見せる。今日は、ファッションに異論を持っている新世代の男性は、世界各国のファッション都市に自信を持って歩いていて、さりげなく独自のスタイルを披露しています。ミラノ、東京、パリ、ロンドンでもニューヨークにしても、彼らが選んだ服装は、精緻な生地に対する礼賛であり、経典と大胆な突破の下に生まれた色の組み合わせが目立つ。

 
服装に良いセンスを持っている人は、高級な成衣の背後にある洗練された工芸にも興味を持っている。上品に装っている男性は、伝統的な手作りの服装を探していて、手作りのスーツに身を包んでしまうような快適さを感じることができる。本物の工芸師と同様に、経験豊富な裁縫は、オーダーメイドジャケットに数十時間かかる。数千個の針の足、多くの生地は専門家の完璧な手打ちカットと縫製を経て、申し分のないフィット感を確保しました。高級製表のように、精緻な手作りスーツの伝統的なカットアートは、細選された生地と間違いのない芸を必要とし、すべての職人の決心から、完璧なバランスの美学と技術の作品を作ることができる。

 

http://www.yukijp090.xyz/