サハラを通り抜けて「王子さま」と出会った

サハラを通り抜けて「王子さま」と出会った

1 11月, 2018

「心を心がけているだけで、目に見えない。」「王子さま」の作者アントニー・聖エリカは、「小王子」という特別版がパイロットの腕時計シリーズで重要な役を演じた。今年、IWC万国表には、大型パイロットの年暦腕時計「小王子」特別版(モデル:IW 50 27 01)が登場した。アンソニー・聖エリカは、別の星から来た王子さまの話を語り、飛行機の故障でサハラ砂漠で王子様に出会い、王子さまと忘れられない日々を送った。現実には、アントニー・聖エリカの中も1人のパイロットで、かつて彼と仲間はサハラ砂漠を不幸にして墜落し、広大な砂漠の荒廃の一人、砂嵐が暴れているのは、この孤独と死に近い経験が『小王子』の霊感の源となった。IWC万国表は、2006年と2013年にはフランスの作家兼パイロットとして、最も有名な「小王子」という有名な作品である。

 
大型パイロットの年暦腕時計「王子さま」特別版(モデル:IW 50 27 01)は、カレンダー機能を加えて、飛行と書き、技術、詩歌の2つの世界を奇跡的に融合させ、赤い金具を搭載した優雅な特版腕時計を作り、250枚を限定した。また、表の底には王子さまのイメージが刻まれている。透明なサファイアガラスの表の底から、小さな星である王子さまが、大きな目をして空を見つめていた。