伯爵:エナメル工芸

伯爵:エナメル工芸

8 10月, 2018

エナメルは、ミネラルのシリコン、長石、石英などの原料と様々な色の金属酸化物を組み合わせたものである。これは古い工芸で、宝石や金飾りによって分けられないものがあります。永遠に変わらない工芸の伝承が続いて、数千年を越えて、また18世紀のジュネーヴで新入生を獲得しました。製表業はエナメルで殻と表盤を飾り始め、その巧みな運用はその刹那の輝きを永遠にする。伯爵はブランド「Art &エクスカンス」シリーズでエナメル工芸の魅力を完璧に解釈した。

 
この時計は「大明火」(GrランドFeu)エナメル工芸を採用し、装飾デザインは820°Cと850°Cの環境の下で完成し、作品の寿命を保証し、エナメルの精製を確保した。純粋に手で研磨してエナメル絵の具を作り始め、さらに金質の表盤に色を凝らして、また連続して窯に入って、すべてのステップを精進して、慎重になります。最後の焼き作りの過程で、エナメルを均一に皿に敷き詰めていくことを確保し、エナメルの図柄の光沢を高め、最終的なスタイルをさらに美しくすることができます。

 
「Art &エクスカンス」シリーズでは、伯爵はアルティプラノ38ミリの表殻をベースにして、エナメル工芸、背景色を隔離して、灰色の干支の図案に最適な視覚効果を確保する。巧みなエナメルの仕分けは全体の図案をより細かく洗練させ、ヤギの勝利の姿は、表盤には躍動感があり、やわらかい灰色の図柄や背景の景観が穏やかに見える。