中国の四大美人が宝玉腕時計に出会うと……。

中国の四大美人が宝玉腕時計に出会うと……。

15 9月, 2018

先週、BMWで開催された女装腕時計展では、「月は誰もいない」「貴婦人」などの定番の機械的な女性時計が登場している。定番デザインのほか、最新の芸術家スタジオ「四大美人」高級カスタマイズシリーズも展示されている。「貴妃酔酒」「テン蝉望月」、「昭君出渋滞」、「西施アライズ」の四つのセットがある。

 
よく見てみると、この腕時計は宝石工芸の大きさといえる。「テンセミ望月」にとって、この腕時計は宝石の金鳥、赤銅、エナメルの微絵、ダマスカスには何大きな手が入っている。その中で、赤銅は、主に銅と金の二つの材質から構成された合金で、青黒の間にある暗緑色の色を示す。

 
この変幻の色は鈍化処理と呼ばれる工程であり、この工程を完成させるには、緑灰色のエチレン酸銅で構成された一つの溶液が必要で、伝統的には日本で製造されていて、日本語ではrokishによるものとされている。

 
rokishにおける溶液の使用割合が増加するにつれて、合金の黒の光沢がだんだん深くなり、さらに濃い色が現れます。このような工芸は高級な製表に運用されていて、製表のマスターの個人の手芸とその独特な彫刻とrokishの部分の色の風格を反映することができて、そして作品間のかすかな違いを形成して、この腕時計により一層の孤独なものになりました。

 
「四大美人」の腕時計はこの1セットだけで、価格は6百万元、濃い中国風で、それまでの中華暦表を連想させ、中国市場に対するブランドを重視している。