孤高の末代侍SEIKO精工「Cal . 9 R 86」

孤高の末代侍SEIKO精工「Cal . 9 R 86」

13 8月, 2018

9 R 86はSDの第1枚のカウントダウンですが、実はSEIKOはこの前にも長い間機械計の芯を出していませんでした。9 R 86の前にSEIKOの唯一の機械の時計は6 Sのシリーズしかありませんが、6 S系は1998年に彼らの家がちょうど機械表の戦場に戻った時に出したもので、1000年後には6 S系を搭載した製品は年々減少しています。9 R 86発売前のSEIKOの機械的なカウントダウンはCREDRの少数数しか残っていないため、この業界は、SDの第1枚の機軸というよりも、SEIKOの久しぶりの機械的なカウントダウンということになる。

 
9R 86は、導柱輪と垂直離合を採用し、現在ではすでに新世代のカウントダウンの基本仕様になっているようですが、その時にこの基準が業界で成形されていることを強調しています。世界で初めての垂直離合のカウントダウンというが、実はSEIKOは機械表を作ったカノイが石英革命の後ほぼ完全に中断していたが、1998年には6 S系を開発したのはほとんどゼロからで、6 Sは水平離合であったため、9S 86の研究開発もすべて初めからだ。

 
SEIKOは現役の3枚の時計の中で、9 R 86と8 R 28は導柱輪+垂直離合であるが、ゼロ機構を受験すると、8 R 28の機能性が優れている可能性がある。6 S系は14年前の製品であるが、操作手触りは3枚の中で最も良い。しかし、別の2枚に比べて、9R 86より高段のタイプで、板路が最も洗練され、磨きをかけても磨くのが一番きれいで、さらに難易度が高く、部品の足足は416枚、高段階複雑な機能を超えて、SD自体の希少性を超えているので、9R 86に配属された時計も3枚の中で最高ですです。