ジョーコビッチ王が帰ってきて、SEIKOの古い時計は温かい網の金の杯を持っています

ジョーコビッチ王が帰ってきて、SEIKOの古い時計は温かい網の金の杯を持っています

21 7月, 2018

今年再びネットに戻ってきた前球王ノワックジョーコビッチは、すぐに金杯を張って、自分の再起きた実力を証明して、スイスの名将フェドラーが独り占めすることになった。

 
ネット界に戻った前球王も失望させず、大会第12の種子として、日本のテニスの一兄、織錦圭、スペインのファニーナダール、そして王戦の南アフリカの巨人アンドソンが、王者の帰ってきた素晴らしい球技を上演し、ジョコウィッチが生涯の13回目を迎えた。ジョコビッチは、先前のけがをした後、長期の低潮期に陥り、昨年はスポンサーを交換してラcosteの戦衣を羽織っていたが、元のUNIQLOは重金でフェドラーが加盟することになった。ただ、腕時計の方は、セコは離れ離れではなく、昨年のジョコビッチではなくても専属表を作っていて、今年も限定シリーズとなっています。

 
面白いこの方は温網のチャンピオンを獲得したばかりの選手は、今年の専属表をつけて金杯にキスをしたわけではない。しかし、授賞時には、各腕時計ブランドがなぜトップの選手を助ける理由として、優勝カップを掲げたときのレンズには欠かせないのが腕時計の映像で、販売を増やすかどうかにかかわらず、ブランドのイメージを分けることは間違いない。その上ほとんど有名なテニスの名将、彼らの腕はすべて「包み」されて、産後復帰したウィリアムのように愛人表が登場して撮影したようで、早めに出局したのはロレックスで協賛して、ナダルはすべての大規模の試合は必ずRichワードMilleをつけて彼のために作った時計をつけている。