芸術と芸が共存し、スイスの腕時計師の伝説を再現する

芸術と芸が共存し、スイスの腕時計師の伝説を再現する

21 7月, 2018

世界の美しさは一瞬にして変化し、変わらないのは、経典に対する銘記と追求である。

 
1998年、先生に敬意を表すために、エミロンさんに時計素子を提供していたドビリー家族の子孫であるJean Deany(ドビリさん)に、エミロンという歴史のある優れた腕時計ブランドを呼び覚ますことを決意した。彼は古い製表の審美に従って、マイクロ工学を利用してエミロンの時計を0.1秒まで正確にして、人々が時計の機能性に対する訴えを満たして、エミロンの時計はすべての腕時計の美しさと実用性を兼ね備えている
2012年、ドビリ氏は工場区をスイスの高級製表地域のジュネーヴメリンに移転し、エミロンの製表の専門家チームが強化された。今回、エミロンは京東商城と戦略的な協力を行い、贅沢なブランドと電商プラットフォームの強強連手を推進し、より優れた腕時計を中国に持ち込む。