1911年に砂砂の水晶の半透明の表殻に似ている

1911年に砂砂の水晶の半透明の表殻に似ている

11 7月, 2018

1910年、ジョース・ファフォア・ジェットは水晶の懐中表を作りたい。しかし彼は二重の挑戦に直面する必要があります:懐中を保護して衝突の影響を免れて、また機軸を水晶の下で暴露することを避けなければなりません。フランスのジュエリーの名将兼ガラス吹制大師レイン・ラッドは、この問題について完璧な解決策を見つけた。琥珀を愛した彼は、ついに樹脂をベースとした透明な材料を選定した。この材料はきれいに彫って形を作ります。それだけではなく、二重の利点も持っています:職人は、その材料を、小さい装飾の塊に加工することができます。このようにして、ガラス吹制大師は懐中表の外側に長いスカートの淑女の形を描く。

 
ジョース・ファー・ジェコットはこの結果に対してとても満足しています:金属の懐中表の外側は1階の透明なゴムの木を覆って、12名の踊り子はひらひらと踊りを始めて、姿はそれぞれ異なっていて、すばらしいマンのスカートは軽やかに踊ります。表盤の独力時のスタイルは、11個の黒のアラビア数字を取り巻く時と、金色の点状分を合わせる。繊細な針が器用に回転し、6時位置には秒針盤が搭載されている。この懐中表は世に出ると大いに成功する。1920年代前、時計工場はこのテーマをめぐって、多くのシリーズをデザインしました。