伯爵アルティプラノ刺繍腕時計:金織は心を動かす

伯爵アルティプラノ刺繍腕時計:金織は心を動かす

14 6月, 2018

PIゴート伯爵は、優れた繊細さを駆使して、歳月の沈殿を経て、その時間に優れた幻想的な魔法を与えます。古い芸術から最近の時代の秘蔵まで、刺繍の歴史は人類文明のプロセスと相互に入り交じる。針と線の起源はすべて歴史の前の時代にさかのぼることができて、大量の文献がその佐証として、ハスの馬の『イリアト』のようです。エジプト、バビロン、ローマの古い浮き彫りはすべて明らかにして、異なった色とテクニカルな針の線を使って織物に装飾する美しい工芸を使って、とっくに当時すでに存在しています。アジア人が率先して金や銀を葉の形にして、細やかな飾り付けをして、彩線を織って融合した技術を発展させたという。

 
シルクロードの中で、刺繍は織物商隊の取引によって重要な文化交流の役を演じ、その後、刺繍はヨーロッパ人の美しい美しい芸術品となっています。当時の職人たちは、宗教や皇室服飾の装飾に全力を尽くした。今では、金糸の刺繍の成就は抜群だ。紋章芸術においては、織絵の都市や家族の盾の紋章に使用され、礼儀の芸術においては、修復や旗や十字を作るために使用されています。金線の刺繍も、制服と衣装の制作工芸の中にも登場します。装飾師やインテリアデザイナーも特別に金線の刺繍をカスタマイズします。

 
ピート伯爵は世界無双の先川を作り、金糸刺繍の芸術を制表した国に取り入れ、想像を超えた表盤の傑作を織りなす。卓越した伝統を持って、PIARE伯爵は金糸の刺繍の工芸で、表盤の設計のために新しい領土を開拓して、人の心を動かすことを成し遂げた。まずシルクは張り切ってフレームに固定され、工芸師の絵の線を描きます。その後、刺繍の大師は金線の刺繍という古い技術を採用して、針を刺繍して金線を螺旋状の金糸にして、更に根気よく複雑な構図の細部を絹の上で刺繍して、それによって見事な芸術品を創造しました。