パイロットのためにオメガスピリアムZ – 33腕時計をデザインした

パイロットのためにオメガスピリアムZ – 33腕時計をデザインした

11 6月, 2018

デジタル表示された表盤の上方にあるカウントダウンの指針は、3時位置の表冠を通じて調校することができる。表殻側縁には4つのボタンがあり、表冠とともに、デジタル表示の表盤上のすべての機能を完全に制御することができる。日常的には、日付、世界標準時間(U査)およびダブルタイムゾーン(12時間制または24時間制で表示)、目覚まし、万年暦を表示します。飛行時間は、カウントダウン機能やタイマー機能で測定する。これらの機能に加えて、腕時計はパイロットのために特に設計された専門自プログラミング機能を持っており、10回までの航行時間データを記録し、日付-時間によって記録データを表示することができる。

 
現在のトレンドに合ったサイズと5級チタンの金属素材を採用し、磨砂や放光、噴砂処理を経て、腕時計のハイテク質感が続いており、早期のオメガパイロット表のケースを思い出す。時計の背には、オメガの海馬バッジの図案、「マス」マーク、「スピリットマスター」と腕時計のシリアル番号がついている。時計の背は4本のネジでしっかり固定しており、その「双壁」構造が共鳴器の役割を果たし、目覚まし時計の音を大きくすることができる。オメガスピアリストZ – 33腕時計に搭載された防磨損ブルーの宝石表ミラーは、双面防光処理を経て、あらゆる条件の下でデジタル表示情報を明確に読み取ることができるようにする。腕時計は防水の深さは30メートル。

 
オメガのスピアリストZ – 33腕時計は、白のオメガアルファベットとマークが付いており、「スピリットマスター」と「Z – 33」と同様に白。白い時間の目盛りと透かしの時計と針の針はすべて白色の夜の光の層を覆して、暗い光の環境の中で緑の光を出します。表盤には大きなデジタルディスプレイが2つあります。ディスプレイは、黒の背景に赤のデジタルフィールドを表示し、半透明のLCD技術を採用し、どの光条件でも時間を手軽に読み取ることができる。腕時計の斬新なデザインは、使用者が指針の下のデジタル表示を行うことができます。8時の位置にあるボタンを軽く押すだけで、3時間か9時まで、針が一時的に転向し、デジタル表示の情報が邪魔になるように目の前に現れる。