振るの行くの水玉記憶モバード

振るの行くの水玉記憶モバード

13 4月, 2018

モバードこの名前をマーク表壇の史の上で様々な傑作で、最も取り上げる価値があったのはMovadoミュージアム®博物館の腕時計。この時計はバウハウス学派アーティストネイサン・ジョージ・霍威特さん(NathanあっHorwitt)は1947年設計、文字盤には見えない数字だけでじゅうに時位置に一つドットを象徴する真昼の太陽、無数字のダイヤルデザインは時計の史の上で最も簡潔な清らかさと呼ばれるデザイン。今Movadoの様々な腕時計の中にも見られるこの象徴的なドット、私たちを見て今回のバーゼル表展中のあれらの帯のドットのMovado腕時計。