一番考えているロレックスのポイントは?

一番考えているロレックスのポイントは?

12 3月, 2018

Oyster Perpetual Daytona
古い版のが好きろく冠Daytona以外に錬ムーブメントは絶滅した、その実の色が好きなので累計小さい文字盤。16520から始め、小さな文字盤に太い圏ボックスに、やがて116520や116500も。早く言って事実116500小さく、一番目立ってただ配セラミックベゼル。代わりに実色小文字盤、ダイヤル外縁目盛位置に加えて太いながら、非常にろく係Daytonaの経典の味があって、しかも40 mmバージョン、必ず並んで買う。

 
Oyster Perpetual Sky-Dweller
としては「雑」のロレックス表項、具を加えて時間のSky-Dwellerカレンダー機能は2012年リリース時にだけの貴金属版、望雲の情の钢版昨年登場(でもベゼルは黄金やプラチナ価格引き下げ、すなわち)じゅういちからじゅうさん万~。望みが一枚百パーセント鋼」「臨、売った8~9万は天下の人が共に祝う。

 
Oyster Perpetual Sea-Dweller
2017年が現れた单红Sea-Dweller、いつの日か、今度はもっと渇いて市のペアが赤くて、最高の「Sea-Dweller」と「Submariner 2000」2行の赤字の経典の組み合わせ。と思ってたら、増加少しレトロ筆、交換することができるに近年復古表が流行の米黄色目盛と指針を育成し、一つのビンテージトータルテンボスがすっごく。

 
Oyster PerpetualGMTマスターII
Daytona黒界復帰、Sea-Dwellerが单红再臨、本当に良いはずは钢版GMT-Master II復習昔経典風採。プラチナ版レッド圏が登場してから、毎年毎月毎月「鋼」を待ち望んでいる人も少なくありません。ロレックス神は、信者の祈りを聞くことができますか?

 
Rolexページに細工II
持つ機能性表圏の運動表の中、Submariner、Sea-Dweller、Daytona、GMT-Master IIとYacht-Masterも相次い転用セラミックベゼル、殘りのページに細工IIでは旧式钢圈代表車種、今は2011年に登場し、今はななしち年のかゆみ、も時と他の表項併び、改配防が強かったセラミック性能表界。

 
Oyster Perpetualページに細工
ずっと以来、Sea-Dwellerだけ、Submarinerその類が回転ベゼルのデザインが回り色さえ、新加入のCelliniも白黒以外の色を探し当てることができて、どうしてもIは黒は黒はページに細工……その色を交換しようとする、期せずして今年Pantone Colorオブthe Yearその炫光輝くウルトラViolet、いいのに十分ファッション。