旧正月のショパンの金の犬の春の花は腕時計をかきます

旧正月のショパンの金の犬の春の花は腕時計をかきます

12 2月, 2018

文字盤の上の秋田に添え濃い色の背景に株東方の雰囲気は事実上、この模様が運用日本伝統の蒔絵スキルは、漆芸の匠で描かれた。蒔絵は一種の漆芸古い絵、運用ウルシから採取した少量樹脂、数年間のステップになって丈夫な生漆後、もうの層の層の漆の作画、再封嵌極小さな顆粒、画面も深く立体、鋭く輝きでもない愛释手。花の群間歩いた秋田と傍に舞うトンボ、象徴瑞意吉祥の犬少し田野の自然、寓意は職人の腕を含んで十分。腕時計限定88枚。